奨学金を返還したい方へ

ホーム > 奨学金 > 奨学金を返還したい方へ

奨学金の辞退について

奨学生は、いつでも奨学金の辞退を申し出ることができます。
転学や退学をしたときは、奨学金を辞退したものとみなします。
この場合も辞退届の手続きは必要となります。
「日本学生支援機構の奨学金」や「母子父子寡婦福祉資金貸与金制度の修学資金 」との併給はできませんので、これらの資金を受けることになった場合は、辞退届を提出していただき、支給済の奨学金を返還していただくことになります。

奨学金の休止・停止について

奨学生が休学したとき、長期にわたって欠席したときは、奨学金の交付を休止します。
奨学生の学業又は性行などの状況により、補導上必要があると認めたときは、奨学金の交付を停止します。
休止・停止の理由が無くなり、在学学校長の証明を添えて交付を願い出たときは、休止・停止されたときから2年以内であれば、奨学金の交付を復活することができます。 

奨学金の廃止について

奨学生が、次の一つに該当すると認められるときは、奨学金の貸与を廃止します。
(1)傷い疾病などのために成業の見込みがなくなったとき。
(2)学業成績又は性行が不良となったとき。
(3)奨学金を必要としない理由が生じたとき。
(4)奨学金貸与規程第3条に規定する奨学生の資格を失ったとき。
(5)奨学生願書に記入すべき事項を故意に記入せず、又は虚偽の記入をしたことにより奨学生となったことが判明したとき。
(6)その他、奨学生として適当でない事実があったとき。
お問い合わせ
トップにもどる