2 奨学金の返還にかかるもの

ホーム > よくあるご質問 > 2 奨学金の返還にかかるもの

Q 2-1 奨学生番号を忘れてしまいました。

A 奨学生番号は当協会からお送りする書類に明示していますので、ご確認ください。
         それでも分からない場合は、当協会にご連絡ください。

Q 2-2 奨学金の返済義務があるのは、親ですか奨学生本人ですか。

A 奨学金は奨学生本人に貸与されていますので、返済義務も奨学生本人が負うことになります。

Q 2-3  奨学金の返還はいつから始まりますか。

A 
(1)正規の修業期間で卒業した場合

奨学金貸与終了月の翌月から起算して1年を経過した後(卒業して1年後の4月)ら返還 
が始まります。
(2)大学院に進学した場合

大学院在学中は貸与金の返還が猶予されます。
但し、卒業後1年間の返還猶予は有りませんので、大学院修了月の翌月から返還が始まります。なお、大学院生には奨学金は貸与されません。

(3)中退した場合

奨学金貸与終了月の翌月から起算して1年を経過した後から返還が始まります。

(4)留年した場合

留年期間中は貸与金の返還が猶予されます。
但し、卒業後1年間の返還猶予は有りませんので、留年修了月の翌月から返還が始まります。

(5)辞退した場合

辞退した月の翌月から起算して1年を経過した後から返還が始まります。

但し、日本学生支援機構の奨学金や母子父子寡婦福祉資金貸与金制度の修学資金との併給はできませんので、これらの貸与を受けることにより辞退する場合は、貸与した奨学金を辞退届と同時に返還していただきます。

 

  

Q 2-4 返還方法や返還期間はどのようになっていますか。

A 返還方法は、年賦・半年賦・月賦の3通りあり、それぞれの期日までに当協会指定口座に振り込んでいただきます。

年賦は毎年1231日までに、半年賦は毎年630日と1231日までに、月賦は毎月末までに振り込んでいただきます。

返還期間は、前記Q2-3の返還開始月から15年以内です。

但し、前記Q2-3-(5)の※印の場合は、辞退届と同時に指定口座に一括返還していただきます。

Q 2-5 奨学金を受けた場合、利息はどうなりますか。

  A 土佐育英協会の奨学金は、無利息の貸与になっていますので、貸与した額を定められた期間内に返還していただくだけです

但し、返還を遅延した場合には、年
5%の延滞金が課せられますので、返還期日(2-4)にご注意

ください。

Q 2-6 奨学金の返済は、納付書で行うのですか。

A 基本的に納付書は送付しておりません。
郵便局に備付けの振込取扱票をご利用いただくか、ATМを利用して、ゆうちょ銀行の指定口座にご入金していただくことになります。

Q 2-7 奨学金の返済は、引き落としできないのですか。

A 引き落としはできません。
ただし、ご自分の口座のある銀行に、自動振込の手続きをとれば、同様のことができますので、銀行にご相談ください。
お問い合わせ
トップにもどる